神奈川県川崎市の小児科専門医|おかの小児科・アレルギー科

川崎市 おかの小児科・アレルギー科 HOME
川崎市 小児科・アレルギー科
診療内容
健診・予防接種
予診票ダウンロード
川崎市 小児科・アレルギー科からのお役立ち情報
アレルギーについて
川崎市 小児科・アレルギー科からのインフォメーション
院長のご紹介
医院紹介・アクセス
川崎市 おかの小児科・アレルギー科
   診療内容

おかの小児科・アレルギー科TOP > 診療内容

診療内容
おかの小児科アレルギー科の診療内容 当院では、病気の診断と治療のみではなく、

健診や予防接種および育児相談も行っております。

また、大人の方のアレルギーも診療しておりますので

お気軽にご相談下さい。

専門分野は、
小児アレルギー疾患、小児呼吸器疾患で特に気管支喘息、
アトピー性皮膚炎、食物アレルギーとなっております。

気管支喘息
小児では、1歳を過ぎた頃から繰り返す咳、
呼吸がゼイゼイしたり、息が苦しそうで眠れなくなるなどの
症状で始まります。
小学生の7〜10%がこの病気に罹患しているといわれ、
小児の慢性疾患の代表です。

原因を調べ、適切な治療を行うことで、
症状はとても良くなりますので、 疑わしい症状がある場合は
早めの受診をおすすめします。

必要とされる場合はアレルギー検査も
行いますので、成人喘息の方もぜひご相談ください。

詳しくは「お役立ち情報」の気管支喘息へ>>
気管支喘息
-line-

アトピー性皮膚炎
生まれて間もなくの頃から顔や体に湿疹が出てきます。
そのままにしておくと湿疹は手足にも広がり、
徐々に悪化してきます。
適切な治療と皮膚の手入れで症状は改善します。

1歳までは乳児湿疹と区別が付かないことも多いので、
症状が広がるようであれば早めの受診をおすすめいたします。

食物アレルギーと合併していることもありますので、
母乳栄養の期間や離乳食の状況を
細かくお聞きすることがございます。
アトピー性皮膚炎
-line-

食物アレルギー
特定の食物を飲食することで様々なアレルギー症状
(皮膚症状、呼吸器症状、消化器症状、アナフィラキシーショックなど)を起こします。
1歳までの小児の5〜10%が食物により何らかの症状を生じるといわれております。

原因になる食物は、
卵、牛乳、小麦の順で、まれに、そばやピーナッツが原因であったり、
成人では魚介類や甲殻類やフルーツにより症状が出ることがあります。

正確な診断と適切な除去食療法が必要なので、心当たりの症状があれば受診をおすすめします。

詳しくは、「お役立ち情報」の食物アレルギーへ>>
-line-

じんましん(蕁麻疹)
じんましん(蕁麻疹)は、
かゆみを伴い、蚊にさされた時のように 皮膚がミミズ腫れのようにに盛り上がります。

急性じんましんと1ヶ月以上発疹が出たりきえたりする慢性じんましんと二つに分けられますが、
様々な原因によって生じますので、実際に原因を特定することはなかなか困難です。

まずは少しでもじんましん(蕁麻疹)かなと思ったら、受診する事をおすすめします。
-line-

診療時間
【健診・予防接種は予約制(電話可)】 
受付は診療時間終了の10分前まで                  

※14:00〜15:00は健診・予防接種の専用時間となります。
(但し、予防接種は通常の診療時間内でもお受け致します。)
※午後の診療は、健診・予防接種が終了次第の開始になりますので、お待ち頂くことが有ります。ご了承下さい。

お問合せ

このページのTOPへ戻る
【TOPページ】 + おかの小児科・アレルギー科
【おかの小児科】 + 診療内容 - 健診・予防接種
【お役立ち情報】 + アレルギーについて
【インフォメーション】 + 院長のご紹介 - 医院紹介・アクセス
おかの小児科・アレルギー科
COPYRIGHT(C) おかの小児科・アレルギー科 ALL RIGHTS RESERVED.